2年前の話で申し訳ないのですが、ちょっと気になったので少し。
LGBTの方が性別適合手術を受けていながら男性更衣室の利用を強要されたとしてコナミスポーツを訴えるという事案がありました。

手術後は女性として生活していましたが、未成年の子供がいたということで戸籍は変えられず、スポーツクラブに女性ロッカーの使用をお願いしたところ、「他のお客様に迷惑がかかるので男性の格好をして男性更衣室を使え」と一歩的に言われたようです。

ポイントは、①手術を受けても戸籍優先、②ほかのお客に迷惑がかかるということでした。

①の戸籍については見た目が女性のようになっているならそんなに関係ないと思いますが、コナミ側は最後までこの点を主張していたので裁判になってしまったようです。

どちらかというとコナミが気にしていたのは②の他のお客さんからのクレームでしょうね。ただ、何の非もないLGBTの人がただ少数派というだけで我慢をしなければいけないのもちょっと違うような気もします。

和解条件については非公開だったので、和解後コナミ側がどのような対応をとったのかはわかりません。

この問題はいろんな意味で難しく、更衣室やシャワー室などハード面の対応にも時間がかかると思います。

が、しかし、時間がかかっても性同一性障害やトランスジェンダーの方も過ごしやすいように対応をとってほしいですね。

ちなみに、私が通っているクラブではそのような対応、対策は何も取っていません。
たぶん他のクラブでもそうだと思います。
というか、スポーツクラブ以外の施設でも、まだまだ対応ができていないと思います。

昔に比べてLGBTに対する考え方も変わってきているので、色々な企業も変えていってほしいですね。